水商売

水商売は基本的には夜のお仕事になります

土日祝日は水商売にはありません

男性の水商売の現状はキャバクラやホストクラブのような職業と聞いて最初にイメージするのは、夜のお仕事で働いている方は、みなさん稼いでいるのではないかという事だと思います。

テレビ番組や映画、小説や漫画などに登場するキャバクラ嬢や男がホストの方々は、みなさん高級マンションに住んでいて、高い貴金属や時計、洋服に身を包んで働いているゴージャスな方が多い為、お金や恋愛でもそのようなイメージを抱いていると思いますが、現在の水商売の現状はそこまで浮かれた物ではありません。

バブルが崩壊し、リーマンショックや東日本大震災など度重なる問題で、夜の世界でも不況は中々収まりません。

アベノミクスの恩恵は、水商売には、まだ訪れていないのが現状です。

その為、女性が憧れのキャバクラ嬢やホストになれたとしても、思うように稼ぐ事ができず、日々の食事に困っている方も大勢います。

キャバクラやホストクラブの恋愛の世界

キャバクラやホストクラブの世界で最も重要な物は実力です。

年齢も学力も関係ありません。

また、どんなに仕事を頑張っていてもお客様から指名を貰えなければお給料があがらない超実力主義の世界です。

彼女もキャバクラで働けば、簡単にお金を稼げるというのは、バブル時代のようなお金が余っていた時代で、現在のような不況で困っている時代には、大金を稼げるのは、本当に限られた一部の人間だけという事です。

以前は、男性もお店側がとにかくキャストを選択しているのが当たり前でしたが、最近では、お店側が、キャストを選り好みできる時代です。

その為、いかにきれいな容姿をしていたとしても、その事がイコールで稼げるにはつながらないので要注意です。

収入も不安定で浮き沈みが激しい水商売の男

社会的にも未だ水商売には厳しい目も

シングルマザーの方がナイトワークを選ぶ理由

水商売には、シングルマザーの方が増えて来ています。

お子様が小さい場合には、どうしても昼のお仕事で働くのが難しくなっています。

ただでさえ就職難の世の中ですから、お子様の体調で予定が変わりやすいシングルマザーの方は、通常と比べて採用されにくいといった現状があります。

たとえ働けたとしても、労働時間や賃金があまり良くない会社になってしまう事が多くありますし、日中の働いている時間に、小さなお子様を預かってもらう認可保育所に入る事が難しい問題もあります。

日中のお時間に働きたくても働けない現状があるのです。

その点、男性の水商売でしたら、日中は家にいる事ができますし、結婚しても子供が寝ている時間に働く事ができるので効率的です。

また、お給料もしっかり働けば、月に30万円以上稼ぐ事も可能ですので、安定した生活を送る事が可能になります。

夜のお仕事は思ったより稼げない

キャバクラ嬢やホストなど、大金をつかめるイメージですが、華やかなイメージとは裏腹に、稼げている人はほんの一部の方で、恋愛でも実際にはあまり稼げていない方が多いという事があります。

インターネットで、「日払い、高収入」などで検索すると水商売のお仕事が多く出てきます。

その為、水商売は稼げるというイメージをお持ちでしょうが、キャバクラの場合には、お店で着るドレス代や、ヘアメイク代、ネイル代など、働く為に自分を着飾る為の料金は実費です。

また、お客さんとの食事や、深夜に終わって電車が無い時のタクシー代などもかかりますので、収入に対して出費が嵩んでしまうお仕事でもあります。

また、シングルマザーでお子様が小さい場合には、働いている時間は、24時間営業の時間保育を利用する必要があります。

預けるエリアにもよりますが、時間保育の相場は、1時間700円程度になっています。

つまり、働いている時間は常に出費があるという事です。

稼げなければマイナスになってしまう可能性もあるお仕事ですので、女性が水商売をしているからといって高収入を得る事ができるかというとそういうわけではありませんので注意が必要になります。

どうしても水商売の男は子供と触れ合う時間が減ってしまう

昼夜逆転した水商売の男の生活

水商売の弊害

夜のお仕事をしている事のイメージは、昭和の時代と比較すると随分と改善されてきました。

昭和の時代には、ナイトワークは汚らわしいというイメージがあり、後ろ指を指されるようなお仕事でしたが、最近では、恋愛は人気のファッション雑誌にキャバクラ嬢が起用されるなど、この職業にマイナスイメージを持つ方は少なくなってきました。

しかし、水商売をしている事で、結婚してお子さんと一緒の時間を削ってしまったり、お子さんに無理をさせてしまっている方も少なくありません。

幼少期の環境は、子供が大きくなる時に最も影響されやすい状況になっておりますので、お子様の将来にも深くかかわってきてしまいます。

また、お子様の預け先が見つからなかったり、託児料金が高い為に預けられないような場合に利用する託児サービスを利用していると、虐待をされてしまったり、埼玉県であったベビーシッター事件のような事が起こらないとも言えません。

そこまで小さく無かったとしても、男性も学校で親の職業の事をからかわれたり、イジメられたりしてしまう可能性もあります。

それでも働いているのは、女性で水商売しか道が無いからという方も多いのです。

安定したいのであれば水商売よりも男なら力仕事?

水商売にはメリットもデメリットもあります

これから自分で経営して事業を始めようと思っているのなら

これから水商商売をはじめようと思っているのでしたら、華やかな部分だけに注目するのではなく、きちんと恋愛面でもマイナスな面に目を向ける事が重要になります。

もちろん男性が水商売しか道がない方も大勢いるのは理解しています。

しかし、マイナスな面に目を向けていると、いざ自分が窮地に立たされた時に逃げ道が見つからなくなってしまいます。

マイナスな面を理解しながら働くと、事前に危険を察知する事ができ、大事には至らないように処理する事も可能です。

まずは水商売の知識を深める事

水商売をはじめるにあたって、お給料の事や、お客様を虜にする方法、お客様に喜ばれる最新のヘアスタイルやドレスなどの情報は、ファッション雑誌などにも多く掲載されている為、情報は沢山あると思いますが、お金を借りる方法や働く前に知っておいて欲しい労働基準法、お子様を預ける時に使いたい保育園、水商売の語源、水商売をしている方が知らずに犯してしまっている脱税などの問題を紹介しているページはあまり多くありません。

そこでこのページでは、結婚をしたい女性は水商売をはじめるにあたって、これだけは知っておいて欲しい内容の中から、あまり知られていない内容にフォーカスをあててご紹介します。

これから始めようと思っている方は、ぜひチェックしてください。